自宅治療の完治例「線香焼き療法」

スポンサードリンク

熱いのは慣れる「線香焼き療法」

線香治療完治例1

※行う場合はすぐに火の消せるものを必ず用意すること

レーザー治療の保険診療がなくなった今、低価格で我々に出来ることは自己処置です。自宅で治るようなサイズのものなら治してしまいましょう。正直、手にできるイボや、初期の小さなイボについて、管理人はもう何も怖くありません!疲れたのか、足のウイルスが潜伏していたのか、イボウイルスが拡散し、夏に一気に手にイボができましたので早めに退治。手にあった計6つのウイルス性イボ(尋常性疣贅)は、病院には行かずに完治させました。足の小さなイボも線香で地道に退治していきます。

※医療費をケチって、子どもにさせるのだけは止めてくださいね。

線香

スポンサードリンク



「いぼの線香焼き」の準備物

「煙の少ない線香」「ライター」「アルミホイルか燃えにくいシート」「ケラチナミン」「消毒(無くてもOK)」

線香は部屋内で毎日使っても煙のたちにくい香りの良いものが販売されていますので、そちらがおすすめです。管理人のは700円台の紫色の線香です。イボが多い場合、はじめは1日1本。慣れてくると作業が早くなるので1本の線香は1週間くらいもちます。イボの数や大きさ次第では、はじめに線香を半分に折って使い捨てて使った方が良いです。「アルミホイル」は毎日使い捨てできるので便利。管理人は燃えにくい上等そうなパンフレットの裏を使いました。絨毯やベッドなど、燃え易い材質のものの上では作業はしないで、低めのテーブルや風呂場、タイル等や台所で作業をしてください。

せんこうとライター

  • まず、いぼをよく見ます。線香でもいけそうな場合の大きさかどうかを判断してください。5mm以内ならOK。根気がある人は大きくてもOKです。日数が延びます。
  • 熱いか冷たいかの違いであって、液体窒素と原理は似ています。要は熱でウイルスの周りの皮膚細胞を滅することを理解します。
  • ただし、もとの皮膚の状態に完全に治るというわけではなく、新しい皮膚を下から再生させるので、多少周りの皮膚との差はあることを理解した上で線香処置をしてください。
  • 足は特に、お風呂に入った後の方が皮膚がふやけており、水分を含んでいるので痛く有りません。(余裕があれば先にお風呂に入ってください)
  • 上記の道具を用意し、早速線香に火を付けます。線香は、800度ありますので、それを知った上で行ってください。その際、十分に火の扱いには気をつけてください。このサイトでは一切の責任は負えませんよ。
  • 患部に熱した線香を1秒でも良いのでイボにあてます。熱いです。慣れたら2秒あてます。足の裏や皮膚の硬い部分に関しては、思うほど痛くはありません。時に「パチっ!パチっ!」と音がなりますが、それで良いです。初日に一気に焼くと、巨大な水ぶくれなどになり、仕事に差し支えるので毎日ちょこちょこ焼きます。これでも、結構皮膚中のウイルスの周りが死滅しているはずです。「水ぶくれ」になるパターンと「血豆」になるパターンがありますが、どちらでもイボは治ります。
  • 勝手にはがれるかさぶたになるまで根気よく焼き、「ケラチナミン」を焼いたあとに塗り寝ます。線香は必ず水にじゅっとつけてから火を消してください。
  • 部位によって、1~3週間でかさぶたが剥げてきます。小さなイボの人は、かさぶたや皮膚が硬くなったら焼くのは止めて数日放置してください。あまり無理にはがさないようにして欲しいのですが、大きなイボの人は、カッターやハサミなどで削りながら小さくし、日に日に小さくしていきます。大きめのイボは3ヶ月くらいかかります。
  • かさぶたが剥げたら念の為、消毒や保湿をし、完了ですが、時々熱をあててください。再発の防止になります。
  • 肌の赤みなど、自発的な火傷の一種なので熱の後遺症は仕方ないでしょう。だんだんひいてきます。
  • 再発していないか、時々チェックしましょう。

手のひらのいぼ完治例

再三言いますが、火の扱いにだけは気をつけて。がんばってくださいね!!!外部から焼きつつ、漢方やハトムギのお茶などの内服で予防はしていったほうが良いでしょう。

さらに、管理人はこの治療中はずっと「ビタミン剤(ビタミンC)」を飲んでいたので、割りかし早く綺麗な皮膚が再生したと思っています。ビタミンはコツコツ摂取を続けると、身体の免疫力を上げ、風邪も引きにくくなるとされています。

スポンサードリンク