ウイルス性イボに木酢液を使ってみた

スポンサードリンク

管理人も、おそらく皆さんのご使用されているメーカーと同じ物だと思いますが、ウイルス性イボに透明の「木酢液」を原液で使ってみました。イボが小さい方は薄めて使用する方もいます。

木酢液の使用法は?

お風呂から上がって寝る前と朝、綿棒で塗って絆創膏をぺたりと貼ります。液が垂れそうな箇所は絆創膏の方に塗ってイボ患部に貼ります。

木酢液の匂いは?

木酢液の匂いは、ツンと鼻にくる感じで、強烈な香りがします。狭い部屋ではきついでしょう。蓋も随時きちんと閉めてください。管理人は使って1週間すぎ、職場の方が木酢の匂いが違和感があると言っていたので、管理人も申し訳ないなあと思い、接客業という事もあったので、とうとう3週間できりをつけました。

「木酢液」の効果は?

管理人のイボに変化はありませんでしたが、半年以上塗ると効果が出る人も居るようですね。効果が出る人の場合、しみたような色になり、茶黒ずんで、ボコっとはげるように取れます。水いぼなどにはより効果が出やすいようです。効果の無い人には無いみたいです。まだ購入して置いている液が沢山余っているので、機会があったら長期戦で使ってみようと思います。

管理人からのアドバイス

使用するにしても、ちょっとの量なので、はじめて使う人は小さい容量のものから購入されると良いと思います。

スポンサードリンク