病院の選択は重要!「皮膚科たらい回し」の実情!

スポンサードリンク

まず第一に「行き先の病院を間違えてはならない。」

管理人の場合、店舗内観の雰囲気で決めた皮膚科の1人目の医者は、「切っても無駄だよ、これを半年以上飲みなさい。そしてこの透明の液を塗ってね」と漢方を出してきた。そこに半年。保険が効くといえども、毎度3000円以上ではそう安いものでもない。しかも2週間分〜1ヶ月分しか出してくれないのでしょっちゅう行かなくてはならない。この忙しい社会人の貴重な休日を病院に裂かなければならないなんて、なんて無駄な日々なんだろう。。信じて半年飲んでみた。看護師に、この透明の液の成分は何ですか?と問うと、?な顔で言葉を濁す。きっと詳細はわからないのだろう。

私:「先生、これ、大きくなってるし、数が増えてきてますよね?」
医:「ウイルスの子どもが見えて来ただけだよ。1つのウイルスの周りには潜在的に10個はあると言われていますから」と軽く言う。

 親イボと小イボって何?の記事はこちら→

で? 治らんやんけ! むしろ全く。おそらくイボにおいての漢方処方は効くヒトと効かないヒトに別れるのだろう。漢方は飲まないよりは飲んだほうが良いだろうが直接的に作用するものではないと確信した。とうとう薬剤師にこっそり言われた。「他のところにもかかってみた方が良いですよ、治ってる方見たことありませんから〜(神妙な顔)」

ナイス!よく言ってくれた薬剤師さん!

自信たっぷりの皮膚科医師には気をつけよう

ウイルス性イボ9月3

【2人目の医師】→事前に電話で相談したところ、「よく私の所にかけてくれたね!すぐに治してあげるから来なさい。」という。凄い自信だ。どうやらガン系の著書らしきものも出しているらしい。まず漢方処方について「あんなんじゃ治りませんよーははは」と鼻から言われた。結局、「私が独自で発見した治療法でね。コレを塗っておけば3週間でポロッといきますよ、もう僕は200人以上治した」と言ったその医師がくれた「黒酵母の塗布」(上の写真、本来の使用法は飲み物らしいが、イボに塗るらしい)1ヶ月以上経っても何の変化もなかった。親切にも知り合いの分までくれたので、わくわくして2人で試していたが、我々には全く効かなかった。イボの性質や場所にもよるのだろう。まれに治る方も居るのだろうが、患者が次回来なくなったから治ったと思って200人に同じ酵母を与え続けていたのだろうと思った。完治した人が居るなら200人分の症例写真を見せてくれたらな〜。もしくは、これが本当に素晴らしい治療法であるならば、「私だけの最新治療」にせずに、自身を持って学会で発表していただければ世界にとって画期的だと思っている。ちなみに、黒酵母はドリンク等で活用されることもあるが、これはまた別の話なので、飲料や食料として摂取される方はこの記事は気にせずそのまま続けて頂きたい。酵母は元々良いものだから。

スポンサードリンク



医大予約はお早めに

【3人目の医師】→とうとう医科大学病院に行くことになった。その地域では最も権威あるはずの病棟だ。初診の予約までに3ヶ月を要したので、医大の皮膚科に行く場合はかなり早く予約をとっておくべきでしょう。小さなクリニックで「紹介状」を書いてもらえれば、いささか早めの初診にはなります。初診料は別途3000円弱。ここで既にイボ発症から1年が経過している。医大ではまさかの「液体窒素療法」のみ。漢方もしばりがあるとかで出ない。看護師が定期的に液体窒素をしてくれたが、5秒以上が目安。両足をするともう歩くのも辛い痛さだ。「もうダメだ~」「もういやだ〜」1から2週間毎に合計9回(半年)通い、皮膚が硬くなっただけで何らイボは取れなかった。医大の医師から匙を投げられる日が来た。先生「レーザーとかもありますよ。高いですけど。」私「どこでやっていますか?」先生「わかりません。」えー!ということで、調べに調べて1番イボに詳しそうなレーザー資格のある医師を探した私。

イボのレーザー治療開始

【4人目の医師】ここで話すと長くなるので、イボのレーザー治療については別ページこちら⇒「ウイルス性イボ(尋常性疣贅)のサージトロンとレーザー治療体験談」をご覧いただきたい。

結果、無くなったものもあったので、やらなかったよりはやったほうが良かったかもしれないが、喜んだのもつかの間、皮膚が新しく出るのと同時に、3ヶ月後くらいに再発した。もう成す術はないのか、、、。

ウイルス性イボ2月28_3

サージトロン治療の直後の写真↑

じぇじぇ!手にもイボが!?「液体窒素療法」に逆戻り

【5人目の医師】酷い日焼けをしたため、夏に街中の皮膚科に行き、ついでに手に透明のイボが2つ出てきていたのでウイルス性であるとの確認の上処置してもらった。やはり「液体窒素療法」980円。結局、手のイボは合計6つ出て、全て自宅で自己治療した。

スポンサードリンク

2015-03-19 病院の選択は重要!「皮膚科たらい回し」の実情! はコメントを受け付けていません。 管理人のイボ治療体験記