ウイルス性イボの治療に効果的な食品

スポンサードリンク

食べておくと良いかも!?ウイルス性イボの治療に効果的な食品類

  • はとむぎ茶・・・
    はとむぎで効果が現れるひとは、3ヶ月以内にイボに変化がみられます。毎日無理せず飲めますが、少し苦いので、麦茶とブレンドしても飲みやすくいただけます。麦茶でない場合、1日に飲む「はと麦」の量はサプリメントや漢方によって違うので、自分の飲み易いものを選びましょう。
  • はとむぎシリアル・・・
    はとむぎをそもまま摂食することができるので効果は覿面です。ぽりぽりとお菓子感覚で食べることができます。管理人は食べ易さを選び、牛乳をかけて食べていましたが、乳製品は控えめにした方がイボには良いとされています。はとむぎは栄養価が高いので、食べないよりは食べたほうが効果があるかもしれません。
  • 色の濃い緑黄色野菜・・・
    人参やかぼちゃなど、ゆっくりと育つ野菜はカラダを温めます。特に人参は「ビタミンA」が入っており、皮膚再生に効果を発揮します。
  • ・・・
    血液をサラサラにし、カラダの中の血の巡りを良くし、疲れを取ります。特に「香酢」と呼ばれる種類は玄米や麦、雑穀、塩など原料が多いので美容効果が高いとされています。
  • アーモンド等の豆類・・・
    痴呆にも良いとされているアーモンドやひよこ豆、これらは「ビタミンE」を多く含み、皮膚の若々しさの元を作ります。
  • サンマ・・・
    新しい肌の再生に欠かせないB2とB6を2種類摂れる食品です。DHAがある「青魚」が全般に良いとされています。
  • ・・・
    日本人は塩分が少なめとされています。塩を良くとり、飲料物はほどほどにし、むくみにくいカラダにましょう。

スポンサードリンク



ウイルス性イボに効果的なサプリメント

ビタミン剤

  • ビタミン錠剤・・・ビタミンA,C,B,は特に肌への影響があるので、日頃の栄養が偏っている人にはサプリメントもおすすめです。特にビタミンC、ビタミンB類は皮膚に関わる栄養素です。
  • ヨクイニン錠剤や粉末・・・ヨクイニンは首のイボには特に効く人が多いようです。足底のイボへの効果は緩やかですので効果が明確ではありませんが、新しいイボへの抑制には効果がみられます。粉ではなく、飲みやすいカプセル錠のヨクイニンもあるので試してみましょう。

イボを治したい人が控えたほうが良い食品

  • 糖類 ・・・砂糖 お菓子
  • 冷食品  ・・・アイスクリーム
  • カフェイン・・・コーヒー 緑茶 
  • 乳製品  ・・・チーズ 高脂肪牛乳 バター

イボに控える食品

脂肪分が多いと、組織が元気になり、同時にウイルスも活性化します。知り合いに、かなり痩せていた人が健康に太ったおかげで「イボ」が治った人がいます。食べ方もバランス良く、しっかりとした身体を作っていきましょう。

食事を摂る際のポイント

食事を採る時には、ただ食べるだけではなく、イボに効果が出る様、カラダを温める食品を選びましょう。スープやパスタなど通常の食品を食べるにしても、極力温かくして食べるようにします。生野菜やアイス、などはフロート等は身体を冷やし、血液の循環を悪くしますので、ときどき食べるぐらいにしましょう。「電子レンジ」を使用しで食べる食品は体内バランスの観点から、イボに有効ではないとされています。火の通った手作りの食事をいただくようにしましょう。栄養たっぷりの緑黄色野菜の「温野菜」がおすすめです。

スポンサードリンク